前へ
次へ

冷え性の方は肩こりになりやすいです

冷え性は仕事をしている時や就寝する時にもストレスを感じる症状ですが、冷え性によって肩こりが起きる可能性があります。夏場等は暑い外の気温と、エアコンが効いている涼しい室温の違いから、冷え性を持っている方は苦痛を感じます。血流が滞る事で、肩回りの血の流れも悪くなっていますから、非常に注意が必要になります。冷え性でまだ肩こりを発症していない方は、手足を温めるだけでなく、首や肩の周囲も温める様にした方が安心です。冷え性は内臓の冷えも引き起こすので、夏場等でも温かい食べ物を食べる事で、肩こり自体の症状も改善できる可能性があります。肩こりを改善する時に温かいタオル等を患部に当てたりする方法がありますが、外側から温かさを与えてあげる事で、効果を得られます。肩に違和感がある場合でも、首の後ろ等に問題がある可能性もありますから、患部を温めたりしても症状が緩和されない時は、一度病院で診断を受けた方が、深刻な病になっていないかを確認できるので、安心できます。

Page Top