前へ
次へ

肩を中心にしたストレッチで肩こりをリセット

慢性的になりやすい肩こりがつらくなると、医療機関を受診して注射をしてもらったり、飲み薬を処方してもらう手段に出ることもあります。つらいときの一時しのぎにはなりますが、医療行為は根本から解決するわけではありません。病院での肩こり治療を頻繁に繰り返すだけではなく、原因からリセットするのが建設的な対処です。同じ姿勢を長く続けていたり、常に筋肉が緊張をすることで起こる症状ですから、緊張をほぐしてあげるのも良い対策になります。1日を通してパソコンと向かい合うオフィスワークは肩や首にコリを感じる人が多く、座り仕事で楽なはずが常に肩や首にはつらさを感じることも少なくはありません。仕事の合間のブレイクタイムには、肩や腕を大きく回してストレッチをするなど、肩の筋肉を柔軟にしてあげることです。オフィスでは仕事の合間に腕回しを時々して、家に帰ったら眠る前には肩を中心をした軽いストレッチをするなど、根本から解消する方法は意外と身近にあります。

Page Top